不動産担保ローンで聞く質権とは

不動産担保ローンを借り入れるときに、質権という言葉を見かけることがあります。

おおよそそのところが担保は抵当権を設定しており、質権設定をしているところは少ないですが、抵当権と質権は何が違うのでしょうか。

■抵当権と質権の違い

抵当権は担保とされたものを取り上げることはせず、担保提供者が使用し続けることができます。

質権は担保とされたものを貸主の手元に留め、担保提供者が使用し続けることはできません。

担保として質に入れたという事は、その財産(資産)の占有権を失ったということになります。

なので質権の場合、不動産の性質に従った収益を得ることができます。

例えば、アパートなどの収益物件を質に取った場合は貸出を行うことができ、家賃収入を得ることができます。

返済がされなかった場合、その物件を競売にかけ売却代金で資金回収をされるという点は同じです。

■何故”質権”があまり設定されないのか

質権は動産担保としてよく使用されますが、不動産で質権を設定しているところはほとんどありません。

不動産で質権があまり設定されていないのには理由があります。

単純な理由ではありますが、不動産(土地建物)を質として所有していても、貸主には使いようがないというのが理由です。

質権を設定し不動産担保を手元に置いておくよりは、そのまま継続使用をさせ資金を稼いでもらう方が良いからです。