不動産担保ローンで気を付けること

    不動産担保ローンはとても利用の幅が広く、個人・事業主ともに使い勝手のよいローンといえます。

    ですが利点ばかりではなく、気を付けなければならない事も沢山あるということは忘れないようにしましょう。

    ■長期返済

    不動産担保ローンの良さの一つが長期返済が可能なことです。

    これにより月々の返済が少額で、負担が減ります。

    ですが返済期間が長期になる程に以下のリスクも大きくなることを忘れてはいけません。

    ・返済期間が長引くほど、利息の支払い総額は増える

    ・担保とした不動産を失う可能性が長期的に発生すること

    ・返済ができなかった場合、遅れてしまった場合、資産を失うことになる。

    ■所在地の限定

    金融機関によっては、担保とする不動産の所在地が限定される場合があります。

    首都圏や大都市圏に所有地が限定されることがあるので、不動産担保ローンを利用される方はよく確認をしましょう。

    ■融資を受けるまでの時間

    不動産担保ローンは利用の幅が広く、無担保に比べて融資を受けやすいものではあります。

    ですが、融資の上限を決定するために、不動産の価値を調査し、登記登録などの手続きが発生するため直ぐに融資を受けることはできません。

    実際に融資実行されるまで1週間程度かかるとされていますので、利用の際は時間に余裕をもっておきましょう。

    ■不動産担保ローンの費用

    不動産担保ローンで融資を受けるには、様々な費用がかかります。

    少なくとも、事務手数料・不動産調査料(不動産価値の評価)・収入印紙代・抵当権の登記費用を実費で支払わねばなりません。

    その費用は不動産によりますが、ものによっては数十万円とかかってしまうので、注意が必要です。

不動産担保ローン借り換えのメリット・デメリット

不動産担保ローンではおまとめ・借り換えを推奨するような商品が多く見られます。

ですが、本当に自分にとって借り換え・おまとめが得なのかどうかは、きちんと考えるようにしましょう。

■メリットは?

メリットは不動産担保ローンは大方が低金利で長期返済ができるのため、月々の返済額が抑えられる点にあります。

また不動産を担保にしていることで、無担保よりもより審査が通りやすいというのもありますね。

■デメリットは?

デメリットは、不動産担保ローンでも借り換え・おまとめそのものでもありません。

しいていうのであれば、商品そのものになります。

単に返済期限が伸びただけで、完済時の総額を見ると元のものよりも支払利息が多くなっているものがあります。

■例えば?

元金100万、返済期間5年、年利10%のものがあるとします。

年間20万円ずつの返済ですから単純計算して支払利息は約30万、支払総額は130万円になります。

元金、返済期間を同条件とした場合、年利が8%になっていれば支払総額はそちらの方がお得になります。

ですがこれが、元金100万円、返済期間15年、年利8%になったらどうでしょうか。

年間14万ずつの返済として、単純計算で支払利息は約45万、支払総額は145万円になります。

月々の返済は抑えられていますが、結果として支払総額は返済期間15年、年利8%の方が高くなってしまいます。

一見すると返済が抑えられて楽になっているように感じますが、実際はそうではないという場合があります。

それを理解した上で借り換えするのは良いかもしれませんが、自分にとってそれが正しい選択かどうかはきちんと考えるようにしましょう。

◇金利計算についてはこちらをCheck!⇒これでわかった ローン金利の計算法|NIKKEI STYLE