不動産担保ローンで気を付けること

    不動産担保ローンはとても利用の幅が広く、個人・事業主ともに使い勝手のよいローンといえます。

    ですが利点ばかりではなく、気を付けなければならない事も沢山あるということは忘れないようにしましょう。

    ■長期返済

    不動産担保ローンの良さの一つが長期返済が可能なことです。

    これにより月々の返済が少額で、負担が減ります。

    ですが返済期間が長期になる程に以下のリスクも大きくなることを忘れてはいけません。

    ・返済期間が長引くほど、利息の支払い総額は増える

    ・担保とした不動産を失う可能性が長期的に発生すること

    ・返済ができなかった場合、遅れてしまった場合、資産を失うことになる。

    ■所在地の限定

    金融機関によっては、担保とする不動産の所在地が限定される場合があります。

    首都圏や大都市圏に所有地が限定されることがあるので、不動産担保ローンを利用される方はよく確認をしましょう。

    ■融資を受けるまでの時間

    不動産担保ローンは利用の幅が広く、無担保に比べて融資を受けやすいものではあります。

    ですが、融資の上限を決定するために、不動産の価値を調査し、登記登録などの手続きが発生するため直ぐに融資を受けることはできません。

    実際に融資実行されるまで1週間程度かかるとされていますので、利用の際は時間に余裕をもっておきましょう。

    ■不動産担保ローンの費用

    不動産担保ローンで融資を受けるには、様々な費用がかかります。

    少なくとも、事務手数料・不動産調査料(不動産価値の評価)・収入印紙代・抵当権の登記費用を実費で支払わねばなりません。

    その費用は不動産によりますが、ものによっては数十万円とかかってしまうので、注意が必要です。