不動産担保ローンと抵当権

不動産担保ローンで借入を考えるときに気になるのが、抵当権ではないでしょうか。

抵当権が第一位でなければ借り入れができないのか、というと実はそうでもありません。

■抵当権とは

債務者が返済をできなかったとき、担保とされた不動産を貸主が売却し資金を回収することができます。

(担保とされた不動産に対して貸主は抵当権を設定し、実際に売却をするときに抵当権を実行することができる。)

これを抵当権といいます。

■抵当権が第1位ではないとはどういうことか

抵当権が第1位ではないということは、貸主側が資金回収をできない可能性があるということです。

不動産担保ローンは、不動産を担保にすることで万が一の時でも貸し倒れを防ぐことができます。

ですが、抵当権の順位が低いほどに、貸し倒れの可能性が増えてしまうのです。

例えば、A社200万(抵当第一位)、B社200万(第2位)、C社200万(第3位)の3社から総額600万円を借り入れていたとします。

物件価値が600万であれば、3社とも資金回収をすることができます、ですが物件価値500万であったなら、C社は貸付の半分しか資金回収をすることができません。

抵当第2位以下では融資を行わないという機関があるのはそのためです。

■抵当権が第1位でなければ不動産担保ローンは借り入れられないか

順位不動で融資を行ってくれるところもたくさんあります。

金融機関の場合は抵当権第1位であることを条件としているところもありますが、相談に応じて第2位以下であっても融資してくれる所があります。

抵当権が第1位でないからといって、不動産担保ローンを組めないということはありません。